So-net無料ブログ作成

キム・ヒョンジュン DNA鑑定拒否は事実無根 [金賢重]

リダの所属事務所キーイーストは公式立場を発表しました。


公式報道資料を通じて「C氏の出産のことと関連し、正式に連絡を受けたことはない。最初からC氏側にキム・ヒョンジュンの実子で間違いなければ、責任を負うという立場を伝えた。これは今も変わらない。」と説明した。

キム・ヒョンジュンが実子確認DNA型鑑定を拒否しているというC氏側の主張に対して、所属事務所側は、「事実無根だ。」と強く反発した。また、C氏が実子確認訴訟を提起することを示唆したことについては、「実子確認訴訟は、相手が要求に応じずDNA検査に協力しないときに提起するのが可能な訴訟。
しかし、キム・ヒョンジュンは、最初から実子であれば責任を負うという立場を堅持してきたため、これと関連する訴訟を提起する必要はない。」と付け加えた。

ソース:woman.infoseek



崔氏が養育費を受け取るためには実子確認を経なければならず、イ・ジェマン弁護士は「崔さんが養育費を望む場合、実子確認の結果をこちらに渡すはず。実子かどうかは現在進行中の訴訟とは全く関係がない。23日に予定された弁論期日は不法行為の損害賠償に対するもの。」と伝えたことがあります。

ソース:中央日報



9/10、イ・ジェマン弁護士は「直ちに実子確認をする」という立場を明らかにしました。

軍隊にいるキム・ヒョンジュン氏もC氏の出産事実は分かっているので、いつでも直ちに実子確認に応じると伝えました。
C氏が実子確認訴訟を準備中だと言っていたが、そんな必要はなく、今すぐ検査に応じると言い、髪の毛や肌を採取して検査をすれば1,2日で結果が出るので、訴訟に時間をかけて無駄にする必要はないと付け加えました。

ソース:star.mk.co.kr



また慌ただしくなったきたけど、なんでリダ側がDNA鑑定を拒否する必要があるわけ[exclamation&question]誰がどう考えてもおかしいだろ[むかっ(怒り)]子供が生まれても相変わらずこの調子じゃ、先行き思いやられるわー[バッド(下向き矢印)]

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

キム・ヒョンジュン前彼女9月初めに出産していた [金賢重]

崔氏が9月初めに出産していたと知らされました。



9/10午前、崔氏の法律代理人ソン・ジョンムン弁護士は、「崔さんは9月初めに出産した。妊婦と子供は元気だ。」と明らかにしました。
また、「キム・ヒョンジュンに提起した損害賠償請求訴訟とは別に実子確認訴訟を準備中である。妊婦と子供が回復次第、申し立てて是非を正す。」と伝えました。

これに対してキム・ヒョンジュンの所属事務所側は、「弁護人から出産の便りを伝え聞いた。キム・ヒョンジュンは軍服務中なので出産の消息を聞いたのかは分からない。実子確認後、崔さんの子供がキム・ヒョンジュンの実子と合致すれば最後まで責任を負うつもりだ。」と話しています。


ソース:reviewstar.net,sports seoul



昨日から急にリダのニュースが出たのは、C氏の出産のことが伝えられたんでしょうね[ひらめき]それが生まれる前だったのか生まれた後だったのかは分からないけど、だからリダは休暇を取り消したんでしょうね。
このタイミングで出てきたら、嫌でもマスコミに四六時中追っかけまわされるし、こんな時に羽伸ばしてお酒でも呑んでいようものなら間違いなくバッシングの嵐になるし。

早産の危険性があるって言ってたのは予告通りだったわけだ。でも、記事では自ら実子確認訴訟を起こすらしいから確信があるってことなのか[がく~(落胆した顔)]実子確認はリダ側が起こすんだと思ってた[あせあせ(飛び散る汗)]

なんか、目の前に大きな岩が飛んできた気分[ふらふら][どんっ(衝撃)]



休暇取消しのニュースが出た中、軍人として国防の義務を果たせるようにキム・ヒョンジュンをそっとしておくべきでは?という記事もありました。


============ 記事の一部を抜粋 ============

9月は出産と第3次弁論期日があるため再び注目されているが、キム・ヒョンジュンは告訴人である以前に軍人であるので、自分を取り囲む事件がどんなふうに流れ、大衆の反応はどうなのか、軍人キム・ヒョンジュンには分からない事だ。そんな彼を「自粛」や「自重」という表現で再び世論の審判台に上げるのはどこか残念だ。

2人の訴訟と結果は法廷で判断され、キム・ヒョンジュンと崔氏に過ちがあるなら当然その責任を負えばいいこと。キム・ヒョンジュンが芸能人でなければこんなに大事になるはずがない私的な問題である。そして、現在彼は芸能人ではなく軍人であり、社会ではなく軍隊にいる。
芸能界復帰や道徳的な非難などは、彼が除隊してから議論されることだ。ただし今は、軍人である彼が国防の義務に集中できるように、そっとしておいてはいけないのだろうか。

===================================

ソース:wowkorea



この記事には有難味を感じますm(__)m


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。