So-net無料ブログ作成

スターの謝罪と自粛の形態 [blog]

自粛リポートと題されて、危機に追い込まれたスターたちが選んだ謝罪方法が5つに分類分けされています。



公式謝罪を一度もしなかったスターがあるだろうか。 一瞬の失言や小さな行動一つでもスターには敏感に反応する。 有名人なのでこれらに要求される道徳の規準はより厳格である。

性格が良いことで噂になった'国民的MC'ユ・ジェソクも'謝罪のアイコン'とするほど頭を下げることが多い。 自身が引き受けた放送に対する問題は1次的な責任がなくても反省する姿を見せて世論を落ち着かせる。

謝罪と自粛の形態は色とりどりだ。 ユ・ジェソクのように紛争が起こるたびに直ちに行動する人もいるが、特別な対応なしに時間の解決を待っている人もいる。 スターの指向、企画会社の戦略により謝罪類型には明らかな違いが生じる。 危機に陥ったスターが選んだ謝罪の技術を5種類類型で分けて調べた。


[1] 潔く解明する'正面突破型’
自身の誤りを認めて収拾過程を明確に明らかにする類型だ。 俳優コ・ソヨンのモデル契約解約、トロット歌手ナ・フナの暴行説、不倫説、潜伏説の解明記者会見など。

[2] 私の誤りではない'安眠鉄板型'
最近中国東方衛星TV 「女神のファッション」 で俳優ユン・ウネがリリースした衣装が盗作論議に巻きこまれた例。

[3] すべての非難後にして…'軍隊逃避型'

[4] 時間が薬? 沈黙で解決する'ナモルララ型'
世論が自身に不利な側に流れても特別な対応をしない場合だ。2NE1のパク・ボムがアンフェタミンを密輸入し立件猶予処分となったが公式謝罪なしに公演活動を続けた例やBIGBANGのGーDRAGONのマリファナ吸入疑惑などは起訴猶予処分を受けたが自粛期間無く予定の仕事をした例。

[5] 涙でアピールする'感情呼び掛け型'
俳優イ・ミスクは2012年前所属会社側が提起した17才年下の男との不倫説の為に致命打を受け損害賠償請求、歌手テ・ジナの常習賭博疑惑での悔し涙の記者会見など。



[3]にリダが含まれています。

事故を起こしたスターの軍入隊が自粛に該当するか否かを置いてはまだ議論が多い。 軍隊を逃避先で利用するという視線から自由ではないが、世論を落ち着かせて除隊後活動すること容易でスターが自粛と同時に入隊する場合が多い。

歌手カンインは2009年暴行疑惑を受けている間飲酒運転ひき逃げ事故まで起こした。 彼は"(暴行事件の)罪悪感による苦しさと喪失感を忘れようとしたことがかえって芳しくないことに繋がった"と解明した。 以後軍に入隊した彼は2012年除隊後スーパージュニアでカムバックした。

ガールフレンド暴行論議で窮地に追い込まれた歌手キム・ヒョンジュンは真実攻防を終えられないまま去る5月入隊した。
この他にも麻薬疑惑で懲役6月に執行猶予1年を宣告受けた俳優チュ・ジフン、旅客船セウォル号沈没事故を嘲弄したとされる写真で非難受けたモデルのホ・ジェヒョクなどが論議以後軍入隊を選んだ。

ソース:hankookilbo



リダの場合は年齢的に入隊は避けられなかったので、一概に逃避先に利用と言われるのはどうかなと思うんですけど[あせあせ(飛び散る汗)]タイミング的に世間からそう見られるのも仕方ないかなとも思う[バッド(下向き矢印)]





nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。