So-net無料ブログ作成
検索選択

キム・ヒョンジュン 元カノ側が写真を公開 [金賢重]

9/23放送されたSBS「一夜のTV演芸」では、キム・ヒョンジュンと前彼女の法的攻防のニュースが電波に乗りました[TV]両側のスポークスマンに会ってインタビューを行いました。




元カノ側は共に撮った写真を公開し、暴行された事実として関連証拠写真を公開しました[カメラ]

20150924 KHJwithXGF1.jpg

20150924 KHJwithXGF2.jpg

崔氏側は、「キム・ヒョンジュン側が痣は操作されたと言うが昨年5/30に暴行があった。そして2~3日後崔さんの家で撮ったセルカの腕部分に明確に痣が出来ている。」と述べました。
実際の写真を見ると、写真ごとに痣を覆うようなキム・ヒョンジュンの手を確認することが出来ます。

これに対しキム・ヒョンジュン側は、「6/2に他の人が崔さんを見た。当時崔さんはノースリーブを着ていたが全く痣が無かったと言った。」と主張しました。

ソース:MBNwikitree.co.kr



また、実子でない場合は法的措置をとるものと明らかにしました。

この日の放送で崔氏側の弁護人は、キム・ヒョンジュンが出張DNA検査結果を送ると提案したことについて、「私たちの前でしろ。両当事者が共に公平に信頼できる機関でなければないということだ。どちらか一方が指定した場所ではなく。」と高否定的な反応を見せました。

キム・ヒョンジュン側の弁護人は「一般的に父性DNA検査は、互いに不信の中でするので一緒に行く場合は殆どない。また、私たちがDNA検査した機関は我が国公認1位の機関である。従って、父性検査はほぼ90%以上、その機関で行っている。」と述べました。
実子が判明した場合は、父親として責任を負う立場は何度も話した通り変わらないが、親子でないことが明らかになった場合は、名誉棄損で民事・刑事上の法的措置をとると明らかにしました。

この訴訟が最後まで行くと、キム・ヒョンジュンと崔氏のうち一人は法的処罰まで受けるべき状況です。これらの終わらない真実攻防の成り行きが注目されている。

ソース:mydaily



なんかさー、ヨンセンとかマンネとかジョンミンとかってセルカをよく撮ってUPしてるけど、リダってツイ止めちゃってたしUPすることなんて無かったから、セルカは撮らないのか嫌いなのか、そんなイメージだったんだけど、プライベートではごく普通に撮るんだなとこの事件が発覚してから気付きました[ひらめき]撮らないイメージは私の大きな勘違いだっただけですね(´-ω-`) しかもイチャイチャベタベタしたのが多い。あえてそーゆーのばかりを公開してるのかもしれないけどね。

リダ側は、痣が無かったって主張をどう裏付けるかですね。リダに近い人ではなく、第三者が目撃してて証人になってくれるとか、証人が複数いないと厳しいかも( ̄д ̄)






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。